サイトへ戻る

しずく組・くも組 8月の様子。

(0・1歳児)

8月は、しずく組に新入園児を迎えてスタートです。

保育園でお友達とたくさんあそぼうね!

夏まつり、水遊び、氷遊び、寒天遊び、

かき氷も食べてみて夏らしさを感じながら過ごしました。

触ってみて「つめたーい!」の顔に!

でも何度も触ってみます。

ぐにゃぐにゃっと、握った感触が楽しい寒天遊びです。

水遊びは子どもたちにとって発見がいっぱいです。

「カップやジョウロは沈めたり横にしたりすると水が入る」

「水面をドンドン叩くと音がして水が跳ねる」

「ぬれた木の魚や紙の魚はペタッと窓にくっつく」

「水溜まりを足踏みするとバシャバシャきもちいい」

体験が学びにつながっていますね。

発見して、試してみて、楽しみながら学ぶ姿勢がキラキラしてみえます!

「こっちの窓にはくっつかないー。なんでかな??」

バシャバシャ叩くと、水が跳ねて冷たいね。

窓を流れる水。 おもしろくて何度もかけちゃうね。

背中にもかけちゃう!つめたくてきもちいい!

濡れると色が少しかわるのも気づいているのかな?

なんどでもかけて確かめているようです。

テラスの花びらを見つけて、溝に沿って端っこまで流しています。

水に乗って流れる花びらがおもしろいんですね。

日々の水遊びの中にも、いろいろな気づき・発見があるんです!

夏まつりは、はっぴを着ていつもと違う雰囲気。

そら、たいよう組がお店屋さんをしてくれました。

ドラえもんの玉入れやヨーヨーすくい、輪投げに挑戦しました。

盆踊りはみんなで踊りました。

お祭りのあとにはかき氷も食べてみました。

「つめたい」の顔になってパクパク食べていました。

夏まつりの雰囲気たのしめたかな?

8月は他にも、

立つのが上手になったり、

つなげるのが上手になったり、

手遊びや、

だるまさんの真似っこも上手になり、

わらべうたも、じゅんばんこが少しずつできるようになってきているんです!

日々の成長ひとつひとつが宝物のように感じます!!

話す言葉もどんどん増えてきて、自己表現もたくさんしてくれます。

子どもたちにとっても気持ちがしっかり伝わることが嬉しいのでしょうね。

来月は涼しくなって外遊びもたくさんできるかな?

子どもたちの成長がたのしみです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。