サイトへ戻る

2月、3月くも組

2月から子ども同士でたくさん遊ぶことが増えてきました。手をつないでわらべうたを楽しむようになりました。
保育者が一緒に輪の中に入り、なべなべそこぬけをしたり、1列につながって遊びます。2月に沢山遊んだ“まめがいっこはねた”というわらべうた。一人の女の子がお気に入りで、歌いながらジャンプを始めました。すると自然と周りにいた子が集まってきて、女の子が「まめがさんこはーねた、ぴょん」と言うとみんなでぴょんの部分でジャンプ!とってもかわいい光景にこちらもほっこりしました。

お絵かきも上手になってきました。みんなで座ってクレヨンの色をいろんな色にかえながら書きます。「しんかんせん」「ママー」と殴り書きから丸を書いたりと書き方にも変化が見られるようになってきました。

1人の女の子が木登りを始めました。みんなが「すごーい」とみていると、周りの子も集まってきて、私も登れるわよ。と言うように集まってきました。男の子は、必死になって気につかまり、「うあー」と手を上げ、“やったー”と言っているかのようでした。

ある日の散歩では、お店屋さんごっごは始まりました。「いらっしゃいませー」「ジュースください」「はーいじゅーちゅです。」と子ども同士でやり取りして遊びます。ジュースは木の棒で代用したりと子どもたちなりに考えて遊びます。

くも組として過ごすのも残り数日。初めのころは泣き声が多かったくも組ですが、次第に笑顔がたくさん増え、笑い声やケンカの声が増えてきました。最近は子ども同士の会話もたくさん聞こえます。1年間で本当に大きくなりました。たくさん遊んで、たくさん食べて過ごした1年間。私たち保育者も子どもたちからたくさんのことを学びました。4月から一つ成長してかぜ組。今よりもさらにもっとおにいさんおねえさんになっていくと思うと今から楽しみです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。